土地をフル活用出来る宅地造成|土地のイメチェン計画

女性

安全性の高い傾斜地

農地や山林、原野などを宅地として使用できるようにする工事のことを宅地造成工事といいます。また、水面などを埋め立てそこに住宅や工場といった建築物を立て、建築敷地や市街地用地にすることも宅地造成工事といいます。傾斜地などは見晴らしが良く、高い人気を集めていますが、地震などの災害がおきたとき地滑りが起きやすいため危険な土地だといえます。しかし、阪神淡路大震災後、宅地造成法が改定されたため、安全性の高い傾斜地へと変更されました。そのため、傾斜地に住宅を建てたいと考えている人は、不動産や土地を扱っている個人などに、「改正宅地造成法」に従った造成なのかたずねると適切です。中には、そうではない宅地もあるので、耐震性に優れた住宅を建てたいという場合は土地に関することを把握しておきましょう。

傾斜地に家を建てたいと考えている人は、「急傾斜地崩壊危険区域」かどうか判断する必要があります。これは国が定めた危険区域であり、ここに家を建てると地震などの災害時に地滑りする危険性がある地域のことです。この区域に家を建てるのは避け、安全性の高い土地を探すことが大切です。また、この急傾斜地崩壊危険区域は自分でも調べることができるので、不動産会社に依頼しなくても手軽に把握できます。傾斜地は眺めがよいことで高い人気を集めていますが、安全性が低いと考えられているため、避ける人が多くいます。宅地造成法に基づいた土地なら安全性が高く、また快適な見晴らしも堪能できるので、このような土地を探しましょう。